たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「なかよし小鳩組」 荻原 浩著 です。この本はユニバーサル広告社のシリーズの第2作ですね。
 あらすじは、相変わらず倒産寸前のユニバーサル広告社に大仕事が舞いこんだ。しかし、その中身はヤクザ小鳩組のイメージアップ戦略というというとんでもない代物だった。そのうえ、別居中の娘まで転がりこんできて…。
 早苗ちゃんが凄く良い。サッカーとお昼の奥様劇場が大好きで、わかっているのかいないのか絶妙のタイミングでお昼の奥様劇場の主役のキョウコさんのセリフで突っ込んでくるのは物凄く面白かったです。もちろんそれだけでなく、前作の「オロロ畑でつかまえて」からさらにパワーアップしたユニバーサル広告社とクライアントとの掛け合いや、前作にはなかった杉山とーちゃんのマラソンシーンの感動など、笑えるだけでなく感動もあり非常に面白かったですよ。

なかよし小鳩組 「なかよし小鳩組

 荻原 浩

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

きりりさん、こんばんわ。
やっぱり、もっちロンドンパリで僕もオロロより、
こっちの方が感動もあり好きですね。
2006/09/04(月) 20:30:39 | |たりぃ #-[ 編集]

こんにちは
この本7月に読んだんですが、7月読んだ私ベスト4に入れてます
たりぃさんも2位ですね
オロロも面白かったですが、なかよし..の方が早苗との話がありほろっと来て好きでした
2006/09/03(日) 02:27:30 | |きりり #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。