たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「真田爪痕記」 古田 十駕著 です。
 あらすじは、関が原の戦いで家康に敵対したために、九度山に配流になった真田幸村。しかし、幸村は父・昌幸の遺志と豊臣氏への忠義を胸に九度山を下り、戦いの地・大坂城を目指す。そして、遂に豊臣氏の存亡を賭けた戦いが…。
 典型的というかよくある登場人物たちの人物像で、時代小説が好きな人が多くの真田モノの中で、今敢てこの本を手に取るには売りがないですよね。それに時代小説をあまり読んでいない人には説明が足りずに少し不親切かなと思う部分が目に付いてこれもオススメしかねますね。この本それなりに面白いのにどこか不満が残るこの造りは非常に残念ですね。
 まあ、僕はこのそれなりの面白さプラス米村圭伍さんの「影法師夢幻」にも出てきた童歌「花のようなる秀頼さまを 鬼のようなる真田がつれて 退きものいたよ加護島へ」が米村圭伍さんの創作でないと解って個人的には満足できましたけどね。

真田爪痕記 「真田爪痕記

 古田 十駕

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。