たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「ヒカルの碁―KAIO vs.HAZE」 ほった ゆみ著 です。この本は人気漫画の「ヒカルの碁」のノベライズの第2作ですね。
 あらすじは、中学に入学して囲碁部に入ったヒカルは、囲碁大会出場へ向けて新メンバーを探し始める。しかし、ようやく見つけた三谷は少々難がある生徒だった。様々な出来事がありとうとう迎えた囲碁大会。海王中との対戦でヒカルの前に現れたのは…。
 僕の大好きな漫画の一つ「ヒカルの碁」のノベライズということで、過剰な期待はせずに読んでいたのだけど…。読み終わったときの感想は、読むんじゃなかったという後悔だけでした。漫画だと絵があるから、主人公のヒカルは多少ワガママな所もあるけど中々良いヤツに見えていたのが、この本を読んで自分の頭の中で想像して組上がったのは自己中のワガママでイヤミなガキになってしまったからね。
 ところで、今この記事を書きながら考えていたのだけど、この本を読んでした後悔は、面白い小説を原作にした映画がツマラナカッタときの気持ちによく似ていますね。まあ、小説の方を読んで後悔したのは初めてでしたけどね。

ヒカルの碁―KAIO vs.HAZE 「ヒカルの碁―KAIO vs.HAZE

 ほった ゆみ

 5段階評価で2

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。