たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「十字架クロスワードの殺人」 柄刀 一著 です。この本は天才・龍之介がゆく! シリーズの第4作目ですね。
 あらすじは、前作でようやく遺産が手に入るかと思ったら、詐欺にあい遺産を全て取られていた。その事件の関係者に会いに行った天地龍之介、光章、一美の3人組だが、またもや殺人事件に遭遇してしまい、そのうえ龍之介、光章の2人は山奥に取り残されてしまい…。
 謎や張られた伏線をキレイに無理なく回収しているし、もうこれぞミステリーという感じで非常に面白かったです。それと、各章の扉にあるクロスワードパズルも(厳正に考えれば欠陥品なのだけど)中々面白くてよかったですよ。また、遅々として進まなかった光章と一美の関係が離れ離れで危機に会ったためか、微笑ましい感じで進展して、そこにもクロスワードパズルを上手く生かしてあるのも良かったですね。

十字架クロスワードの殺人 「十字架クロスワードの殺人

 柄刀 一

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。