たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「世の中何事も順番が大切だね。」とふと思った。恩田陸さんや瀬尾まいこさんの本を読んだ直後に読むべきではなかったなとふと思った1冊。 「フリッカー式」 佐藤 友哉著 です。ちなみに第21回メフィスト賞受賞作です。
 あらすじは、最愛の妹が自殺した。そのことで傷ついていた主人公の前に怪しげな男が現れる。その男が見せたのは妹のレイプビデオ。そして渡されたのはレイプ犯達の愛娘たちの行動調査書。ここまだお膳立てされた主人公は復讐を決意し、少女たちの捕獲を実行にうつす。その先に待っているのはいったい何なのか?
 出てくる人達はほとんどが精神的に壊れている人達ばかり。セリフにはオタク臭いものがちらほら。(そのようなセリフは解らなくてもストーリーには支障はないですが、解る人はいろいろツッコミたくなると思います。ちなみに僕は全部解りましたが(笑))また今どきこんなラストあり?と思わせるラストシーン。こんな小説がもしベストセラーになったらそんな世の中は嫌だなと思わせる本ですね。
 まあ、登場人物達の壊れっぷりが突き抜けていて逆に惹きつけられるし、彼らがこの後どんなストーリーを織り成していくのか興味がある。爽やかな感動などは無縁だし、けっして万人受けはしないと思うが、僕的には面白かったと思える1冊でした。

フリッカー式 「フリッカー式

 佐藤 友哉

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。