たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「配達あかずきん」 大崎 梢著 です。この本は5編の短編を収録している連作短編集ですね。
 収録されている短編の中で『パンダは囁く』のあらすじは、駅ビル内にある成風堂書店の店員の杏子とアルバイトの多絵。いつものように仕事をしていた彼女たちに、ある客が近所に住む老人に頼まれた本を探してくれと手渡した探求書リストに書かれていたのは「いいよんさんわん、・・・・」というまるで暗号のようなモノだった…。
 古書店の店主が探偵役をやったり、殺人事件の舞台に書店が使われていたりというような本は割りとあったけど、ここまで書店や書店員や本を中心にして進むミステリーは初めてで中々面白かったですね。『パンダは囁く』の暗号のヒントの『パンダ』には本好きなら誰でも解るであろうあのパンダでついついニヤニヤさせられ、暗号の解答にはやられた~と思わされましたし、『六冊目のメッセージ』の本を通しての男女の出会いは少女マンガチックではあるけど良いですな~と思わされましたね。
 ところで、この本の中で出てくる(たぶん)架空のマンガ「内臓詰め合わせ」っていったいどういう内容なのか非常に気になりましたね。

配達あかずきん 「配達あかずきん

 大崎 梢

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

しろちささん、こんばんわ~。
買う本は文庫本、図書館で借りる本も置いてある本が多くて新刊本を読む数は少ないですが、
参考になれば嬉しいですw
でわ、これからもヨロシクお願いします。
2007/02/05(月) 21:27:56 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

たりぃさん、はじめまして。
トラックバックしていただきありがとうございました!

最近のわたしの新しい本探しは
もっぱらブログに頼っています。
たりぃさんのところにもこれからどんどんお世話に
なりそうです。
いろいろ楽しい本を教えてください!

どうぞよろしくお願いしますね☆
2007/02/04(日) 17:54:49 | |しろちさ #r4sbyV/Y[ 編集]

Rutileさん、こんばんわ。
現役の書店員さんでも楽しめると聞くと、
余計にニヤリとさせられましたw
自分も次回作を読むのは今から楽しみにしています(^^)v
2007/01/18(木) 19:46:29 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

こんばんは。
現役書店員として、もう十二分に楽しんだ作品でした。
杏子たちの働きっぷりには、清々しさを感じました。
私も見習わなければ!!
「六冊目のメッセージ」、私もお気に入りです。
こういうのはオトメゴコロを呼び覚まされるのですよ~。
次回作は舞台が長野!!
期待大です(^^)v
2007/01/17(水) 23:13:41 | |Rutile #el1ariU6[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。