たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「NHKにようこそ!」 滝本 竜彦著 です。
 あらすじは、4年間のひきこもりの末に佐藤は大学を中退したのも、無職なのも、今話題のひきこもりなのも、すべて悪の組織NHK=日本ひきこもり協会の仕業なのだということを気づいてしまった。だからといって事態が変わるわけでもなく、ずるずるとひきこもる佐藤の前に現れた清楚な美少女・岬ちゃん。その岬ちゃんが「あなたは私のプロジェクトに大抜擢されました。」ていったいなんだそれは…。
 この本NHKの不祥事が話題になっていた時に手にとって以来、積読本になっていました。だってNHK=日本ひきこもり協会てプッて笑ってしまったけど、このそこはかとないネガティブ感漂う雰囲気が、もし自分がネガティブの時に読んだら少し前のデフレスパイラルのごとくネガティブになっていきそうだったからね~。でもまあ読んでみたんだけど、NHK=日本ひきこもり協会て妄想が実は現実だったなんて展開ではなく、エロゲー製作でひきこもり脱出アンドお金持ちになんて展開でもなかったけど、序盤は物凄いイキオイがあり、それに隣室に住んでいたエロゲーマニアの山崎と共にドンドン壊れていく様は中々面白かったですね。もちろん、それだけでなくひきこもっている佐藤の葛藤や不安その他諸々のネガティブな感情がリアルな感じがヒシヒシとしてきて非常に良かったです。まあ、ラストで佐藤がダイブしてしまうのは行き過ぎだったとは思うけどね。
 ところで、この本を読んで自分の周りにもNHKの影がちらついているのを感じてしまいました。NHK=日本ひきこもり協会ではなくNHK=日本肥満協会の影が・・・。最近食後にベルトを緩めたくなって気になっていたのに、夜についついビールを飲んでしまったり、運動不足の解消に階段を使おうと思っているのに無駄に疲れて他に影響がでるのはやっぱりいけないなとエレベーターを使ってしまうのは、僕の意思が弱いんではなくてNHKの陰謀だったんだね~。

NHKにようこそ! 「NHKにようこそ!

 滝本 竜彦

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。