たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 中日負けた。第6戦のチケットあったのに・・・。とまあ遅すぎる話題ですけど、日本シリーズ中は朝の電車の中でしか本を読めなかったので、先月の冊数は少し少なかったですね。
2006年10月の僕のベスト5
第1位 「図書館戦争」 有川 浩著 (僕の感想
第2位 「配達あかずきん」 大崎 梢著 (僕の感想
第3位 「栄光なき凱旋」 真保 裕一著 (僕の感想
第4位 「十字架クロスワードの殺人」 柄刀 一著 (僕の感想
第5位 「ただ栄光のために」 海老沢 泰久著 (僕の感想

先月の良い面は有川さんやっぱり面白かったです。未読の他の本も早く読んでみようと思っています。悪い面は今まで読んだときは月ごとのベスト5に絡んできた山本さんの本で、面白くない本ばかりに当ってしまったことですね。今までのハイアベレージがこれで普通に面白い作家さんという感じになってしまい非常に残念でした。

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。