たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今現在僕の中で、新人作家では一番のオススメは 瀬尾まいこさんです。と言うことで今回は 「図書館の神様」 瀬尾 まいこ著 です。
 あらすじは、清く正しく何事にも一生懸命な正義感の強い主人公。高校の時、それまでバレーボール一筋だった主人公は、持ち前の正義感のために事件を起こしバレーボールやめる。それ以来お座なりで適当なユルイ生活を送ってきたが、就職をする時またバレーボールに関わろうと思い、バレー部の顧問になるために高校の講師になった。しかし、希望どうりにいかずに文芸部の顧問になることに。主人公よりはるかに大人びた感じの文芸部の部長、少し変わっているがすごく優しい弟、主人公の恋人だけど結婚している不倫相手。そんな彼らと過ごす1年間の物語。
 僕は瀬尾まいこさんの本はまだ2冊しか読んでいないけど、そのどちらにもあるのは、読みやすい文章と、号泣するような感動大作ではないけど、心がじんわりと暖かくなるようなストーリー。普通に本を読む人にも、また普段本を余り読まない人にもオススメしたいそんな本ですね。

図書館の神様 「図書館の神様

 瀬尾 まいこ

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。