たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「HEARTBEAT」 小路 幸也著 です。
 あらすじは、優等生の委員長・原之井と不良少女・ヤオの淡い恋。彼女が自力で自分の人生を立て直すことができたなら、十年後あるものを渡そうと約束して分かれた2人。そして十年が過ぎ、約束の日に主人公の前に表れたのは彼女の夫と名乗る人物で、彼女は三年前から行方がわからなくなっていたと告げられた。とにかく、彼女の居場所を捜し出そうと考えたとき、協力者として主人公の脳裏に浮かんだのは、マッチブックの格好良い火の点け方を教えてくれた同級生・巡矢だった・・・。
 優等生の委員長と不良少女の淡い恋、十年後の再会の約束、ドロドロしない同性愛その他モロモロ僕の苦手な恋愛小説によくありそうなシチュエーションなんだけど、これがミステリー調に描かれているために読みやすかっただけでなく、清冽とした感動のようなものを感じさせてくれて非常に面白かったですね。それに題名にもなっているハートビートの説明シーンは当初は主人公が得た特殊能力からのなんとなく良い言葉だなてぐらいだけだったのが、ラスト付近で明かされるあることから、会話を交わしていた巡矢の気持ちなんかを考えたら非常にグッとくる今ならそこの会話のやりとりだけで感動できる非常に良い言葉でした。それにしても、(1度はやってみたかったネタバレ反転ラスト付近で明かされる主人公が幽霊だったというのは、だ~いどんでん返~して感じでやってくれるな小路さんと思いつつ、ヤオとのあのもう抱きしめられないというシーンでは「ゴースト ニューヨークの幻」のテーマの「アンチェインド・メロディ」が頭の中で流れていて非常に感動していたのに、あのラストで幽霊屋敷の調査に巡矢がうってつけの相棒といくよて・・・ここでもだ~いどんでん返~しとやられてしまいましたね。しかし、感動が少し収まった今になると1つの重大な疑問が、それは巡矢の解説によると僕にはどうしても高校の前で待っていた主人公のことが植松には見えなかったのではということですね。とまあ、僕的には大きな疑問が残ったんだけど、とりあえず周って見た他のブログでは触れられていなかったので、これは僕の考えすぎだったのかな~。まあ、たとえこの疑問が正解でこれが大きなアラだったとしても、非常に感動できる話だったのには変わらないから気にする事はないかもしれませんがね~。

HEARTBEAT 「HEARTBEAT

 小路 幸也

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

juneさん、こんばんわ~。
やっぱり、この本はjuneさんの言うとおり、
あまり深く考えずに切なさに浸る方がいいですね^^;
2007/03/10(土) 22:34:59 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

私も、たりぃさんと同じところは気になりました。でも、細かいことは考えずに、切なさに浸ることにしました^^;
2007/03/02(金) 23:44:30 | |june #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。