たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先月は近くの図書館が図書整理のためにしばらく休館するとのことで、貸し出し期間が延長されているために貸し出し限度まで本を借りました。その為か順調に減っていた積読本がまた増加していってしまうという事態が・・・。
2006年11月の僕のベスト5
第1位 「神様からひと言」 荻原 浩著 (僕の感想
第2位 「竜とわれらの時代」 川端 裕人著 (僕の感想
第3位 「帰ってきたアルバイト探偵」 大沢 在昌著 (僕の感想
第4位 「HEARTBEAT」 小路 幸也著 (僕の感想
第5位 「銀行仕置人」 池井戸 潤著 (僕の感想

先月は単純な面白さでは「神様からひと言」に劣ったものの、上下2段組のうえ専門知識が多く読むのに時間がかかった「竜とわれらの時代」が非常に良かったです。あれだけ読了まで時間がかかったが、読み終わるのが惜しいななんて気分になったのは久しぶりでしたからね。その他では僕の好きな多くのシリーズの続編を読めて、まずまずの1ヶ月でしたね。

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。