たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「夏のロケット」 川端 裕人著 です。この本は平成10年度の第15回サントリーミステリー大賞の優秀作品賞受賞作ですね。
 あらすじは、高校生の頃火星に憧れていた主人公は新聞社の科学部担当記者になった。主人公は過激派のミサイル爆発事件の取材で同期の女性記者を手伝ううちに、高校時代の天文部ロケット班の仲間の影に気づく。かつての仲間たちと再会を果たした主人公は、彼らが密かに進めていた高校時代と比べ物にならない大規模な非合法ロケットの打ち上げ計画に参加することになり・・・。
 単純に夢に向かえた少年時代とは違い、大人になり直面した現実のために挫折したり、忘れたわけではないけど心の片隅に置き去りにされた夢。その夢のためにかつての仲間たちが再び集まって、夢を果たそうとする。勿論大人になった彼らはかつてのように単純に夢のためだけでなく、それぞれの思惑を持って・・・。やっぱり大人になって再会を果たすというのが良いんですね。大人なんだから生活があり、単純に夢だけを追えないけど、それぞれの現実がありながらそれでも夢を追うというのが非常に良かったです。この本の中でも『人を載せて飛ばせばロケットで、核を乗せて飛ばせばミサイル』という言葉で夢と現実について語られています。
 もちろん、彼らが夢を追いかけて四苦八苦するだけでなく、ロケットの構造やロケット開発の歴史なども描かれており、個人的にはそれも非常に興味深くて面白かったですね。

夏のロケット 「夏のロケット

 川端 裕人

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

juneさん、こんばんわ。
やっぱり昔の仲間が大人になって再結集ていうのは良いですよね。
僕もそういうところが大好きです。
2006/12/21(木) 23:36:58 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

大人になった彼らが、それぞれ色々なものを抱えながらも、ふたたび「火星へ!」と集ったというのがすごくよかったです!
2006/12/21(木) 20:47:48 | |june #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。