たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。読書量は今年も昨年後半に安定してきた月20冊ぐらいのペースで読んでいけたらなと思っています。
2006年の僕のベスト10
第1位  「美味礼讃」 海老沢 泰久著 (僕の感想
第2位  「DIVE!!」 森 絵都著 (僕の感想
第3位  「図書館戦争」 有川 浩著 (僕の感想
第4位  「第三の時効」 横山 秀夫著 (僕の感想
第5位  「チルドレン」 伊坂 幸太郎著 (僕の感想
第6位  「退屈姫君伝」 米村 圭伍著 (僕の感想
第7位  「神様からひと言」 荻原 浩著 (僕の感想
第8位  「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウン著 (僕の感想
第9位  「邂逅の森」 熊谷 達也著 (僕の感想
第10位 「夏のロケット」 川端 裕人著 (僕の感想

このベスト10の中で昨年出会った新しい作家さんが6人。その他でも山本一力さん他多くの新しい作家さんに出会えて、本読みに関しては非常に充実した1年でした。今年もまた新たな面白い作家さんに出会えたらいいなと思います。
 ところで、僕の中で昨年の新しく出会った作家三の中で『この作家さんは良かったで賞』は有川浩さん、山本一力さん、米村圭伍さん(五十音順)で、特に、山本一力さん、米村圭伍さんのお二人は僕に最近読んでなかった時代小説を再び読むようになったキッカケを与えてくれた作家さんで非常にオススメのお二人ですよ。

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

みかんさん、こんばんわ。
個人的には「美味礼讃」は超オススメです。
山本一力さんは一冊読んで面白かったら、他の作品も読んでみるのをオススメしますよ。
割と当りハズレの少ない作家さんだと思いますから。
2007/01/17(水) 21:39:26 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

たりぃさん、こんにちは♪
今年も宜しくお願いします。
年間ベストのなかで既読している5冊ほどは私も気に入っている本です。
気になるところは「美味礼讃」と「図書館戦争」かな…。
山本一力さんは、前から読みたいと思ってた作家さんですが…
たりぃさんの評価を参考に今年はチャレンジしてみようと思ってます。
2007/01/12(金) 08:42:37 | |みかん #OkzxFqFo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。