たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「ブルー・ローズ」 馳 星周著 です。
 あらすじは、バブル崩壊で莫大な借金を背負った元警官の主人公は、次期警視総監候補の一人でもある元上司に呼び出されて、彼の娘の失踪事件の調査にあたることになった。単純な失踪事件だと思われていたが、そこにはある重大な秘密が隠されており、それがやがて警察内部の権力闘争の道具に使われることになり・・・。
 いわゆる事件のミステリー的な要素は上巻でほとんど終わった感じだったので、下巻はいったいどうなるかと思ったらハードなバイオレンスな展開で、ある意味非常に痛快で面白かったですね。それに、警察をこれだけ扱ったモノや、主人公がおちいる閉塞感というかどうしようもないような救いのなさという感じがないというのは、今までの馳さんの作品にはない感じで非常に目新しく思えて良かったですね。しかし、そんな今までとの違いがイロイロ感じられる作品でありながら、登場人物たちの抱える欲望を見事に描き出しているのはさすが馳さんと言う感じでしたね。

ブルー・ローズ 「ブルー・ローズ

 馳 星周

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。