たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「不正侵入」 笹本 稜平著 です。
 あらすじは、警視庁組織犯罪対策部第四課の秋川恭介は、旧友の不審死をきっかけに権力の闇に踏み込んでいく。見え隠れする検察や警察上層部の影。様々な捜査妨害に会いながらも事件を追う秋川が見出した真実とは・・・。
 ハードボイルド作家の笹本さんが描くネット犯罪モノだと思って非常に期待していたのだけど、ネット関係とハードボイルドは相性が悪いのか普通にハードボイルド小説に仕上がってしまってしまいましたね。せっかく超優秀なネット関係の女性技官なんて魅力的なキャラを登場させていたのに残念でした。まあ、別につまらない訳ではなく、普通にハードボイルド小説として面白かったから良かったですけどね。

不正侵入 「不正侵入

 笹本 稜平

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。