たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 先月前半はTVが地デジ対応TVになり、チャンネル数がほぼ倍になったために、TVを見る時間が当人比で約4倍になって本を読む時間が大幅に減りました。そして、生活に慣れてきた後半はネットの一部のページにアクセス出来ない障害が発生して、その解決に今日まで掛かったために、本は読んだけどブログにUP出来ないということで、結局9冊でしたね。
 さすがに9冊で、ベスト5やベスト3はなんだかな~て感じですので、今月はベスト1だけになりました。
2007年1月の僕のベスト1
第1位 「一応の推定」 広川 純著 (僕の感想

と言うわけで、「一応の推定」がベスト1なんだけど、まあ他の本が少し弱すぎでしたね。ちなみに、文春の去年の年末のベスト10では「一応の推定」は第5位になっていましたね。

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。