たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 僕のミステリー好きにも関係あるかもしれませんが、高校までの数学は割と好きでした。国語のような答えが曖昧なものでなく、唯一無二の答えが必ずあるというのが良かったのですね。
 そこで、今回は 「博士の愛した数式」 小川 洋子著 です。ちなみにこれは2004年度本屋大賞第1位の作品です。
 あらすじは、17年前におきた交通事故のために事故後の記憶は80分間しか保てない博士、その博士を世話する事になった家政婦の主人公、そして主人公の10歳の息子。その3人の心の交流を描いた作品です。
 博士と主人公の息子とのカラミや、主人公の息子が博士に対して示す気遣いなど心にグッとくる場面が多くあります。例えば博士が主人公の息子に宿題を教える場面で「どんなに愚かな袋小路に入り込んだ時でも、川底の泥から一粒の砂金をすくい上げるように、小さな美点を見出した」など、子供に何か教えるときに大人が示すべき態度として非常に良かったですね。
 ただ僕が不勉強で知らないだけかもしれないが、最後の場面のような博士の症状は実際あるのだろうか?そんな疑問を僕は持ったが、別に博士の症状が全てファンタジーだったとしてもこの作品の価値を下げる事は少しもないので未読の人は安心して読んでみてください。

博士の愛した数式 「博士の愛した数式

 小川 洋子

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。