たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「夜市」 恒川 光太郎著 です。この本は平成17年度の第12回日本ホラー小説大賞大賞受賞作ですね。
 あらすじは、大学生のいずみは、高校時代の同級生の裕司に誘われて妖怪たちがさまざまな品物を売る不思議な市場、夜市に訪れる。幼いころ夜市に迷い込んだ祐司は、弟と引き換えに「野球選手の才能」を手に入れた事にずっと罪悪感にさいなまれていた為に、今夜弟を買い戻すために夜市を訪れたというのだが・・・。
 僕のお気に入りの文学賞の日本ホラー小説大賞大賞受賞作で、ついでに装丁の美しさにずっと魅かれていたのだけど、本の内容の方も装丁の美しさに負けないくらい瑞々しいというか美しいと思わせるような文体に、僕なんかの想像を完璧に裏切る展開で、読み終わったときに思わずホーっと声が漏れてしまいました。それに、同時収録されている『風の古道』も、『夜市』程の衝撃はないものの短い中に何処か淡々と綺麗に纏められていて、ラストの切ないような展開は非常に良かったですね。

夜市 「夜市

 恒川 光太郎

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント

しんちゃんさん、こんばんわ~。
TBどうもです。
あの時から読みたいと思いながら、
図書館の予約枠がいっぱいで、今だ予約すらしていない;;
「雷の季節の終わりに」を僕が読むのは何時になる事か;;
2007/03/29(木) 21:56:59 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

こんにちは。
この本の完成度はすごかったですね!
同じく「雷の季節の終わりに」を早く読みたいっす。

TBさせて貰いました。
2007/03/28(水) 11:38:13 | |しんちゃん #Zk/lHUeI[ 編集]

Rokoさん、こんばんわ~。
「雷の季節の終わりに」も早く読んでみたいな~て思ってたんですが、
今から読むのが楽しみになりました。
2007/02/10(土) 21:53:56 | |たりぃ #BGmWPVoQ[ 編集]

たりぃさん☆こんにちは
本の中の世界に引きずり込まれるって、こういうことを言うんだなぁって思いました。
「雷の季節の終わりに」も良かったですよ~!
2007/02/10(土) 13:52:49 | |Roko #mnT270eI[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。