たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「グランド・ミステリー」 奥泉 光著 です。
 あらすじは、日本軍が真珠湾攻撃で歴史的成果を勝ち取った直後、空母・蒼龍に着艦した九九艦爆搭乗員の榊原大尉が不可解な服毒死を遂げた。ほぼ同時に伊号潜水艦では特殊潜航艇乗組員が出撃前に艦長に託した遺書が何者かに盗まれるという不可解な事件が発生した。伊号潜水艦の先任将校であった加多瀬大尉は、東京に帰還した後、榊原大尉の死の真相を追い始めたが・・・。
 序盤に語られる様々な戦時中の事件。いったいこれらの事件の真相は何か非常に興味を惹かれました。苦手なメタミスですけど、奥泉さんということで前もって覚悟していたから大丈夫でしたが、それでも後半のこの展開はいったい何が言いたかったのか僕にはまったく解らなかったので非常に残念でしたね。

グランド・ミステリー 「グランド・ミステリー

 奥泉 光

 5段階評価で2

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。