たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「クレイジーヘヴン」 垣根 涼介著 です。
 あらすじは、なんとなく毎日を生きる27歳のサラリーマンの主人公は、ちょっとした事故で中年ヤクザを殺害してしまう。殺害したヤクザに美人局をさせられていた若い女性と、ヤクザとかの捜索を恐れながら生活を共にしていたが・・・。
 序盤の展開は今後どうなっていくのか非常に期待させられる出来だったのですけど、リアルなら十分だけど小説としては主人公たちの落ちていきかたが非常に中途半端な感じで残念でした。それと、主人公たちはラストでヤクザの事務所に忍びこむのだけど、はっきり言えば単なる空き巣で全体を通して漂うスケールの小ささ感も非常に気になる所でしたね。

クレイジーヘヴン 「クレイジーヘヴン

 垣根 涼介

 5段階評価で3

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。