たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「シャドウ」 道尾 秀介著 です。この本は2007年度の「このミステリーがすごい!」で第3位ですね。
 あらすじは、鳳介の母がこの世を去って父の洋一郎と二人だけの暮らしが始まって数日後、幼馴染みの亜紀の母親が夫の職場である医科大学の研究棟の屋上から飛び降り自殺を遂げる。その後亜紀が交通事故に遭い、洋一郎までもが。父とのささやかな幸せを願う鳳介の周りでいったい何が・・・。
 興味を惹き付けられる提示される様々な謎。主人公の凰介の徐々に成長していくのが非常に面白かったです。幼馴染みの亜紀の母親の自殺は、自殺するぐらいなら離婚しようとすればいいのにとかツッコミ所も所々にありましたがね。しかし、ラストである人物が成功しそうだけど結局使われなかったあるトリックの準備をしていたのが明かされるのだけど、結果としてそれを使わなかったというのが道尾さんの誠実さに見えて個人的には非常に良かったと思いましたよ。

シャドウ 「シャドウ

 道尾 秀介

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。