たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「ダーティペアの大復活」 高千穂 遥著 です。この本はダーティペアシリーズの第5作目ですね。
 あらすじは、前作の「ダーティペアの大脱走」で冷凍睡眠装置に入ったユリとケイ。その彼女達を目覚めさせた女性型バイオボーグのフローラに聞かされた世界の様子は大変ヤバイことになっているということ。危機に陥った世界を救うためにユリとケイはフローラの依頼を受けることにしたのだが・・・。
 ある種類の人には非常に燃える展開でしたねこれは。だって人型巨大ロボですよ。ちなみに僕は「ガンダム」を好きになって以来ロボットモノが好きになったんですが、人型巨大ロボは自重のために立って歩くことが出来ないと知ったときはけっこうショックを覚えましたね。しかし、その歩けないという問題は重力の小さい所か無重力使用ということでクリアしていて、その他にも必殺技を出すときに叫ぶのは、ある作品では気分だ気分で無理矢理押し切っていたのを音声入力という方式でクリアと、ロボット好きが問題にする幾つかの点をクリアしていて、後は男なら(女も?)燃えるロボットモノお約束の展開!!ブラストソード、ニードルハリケーン、ジェノサイドビーム(ダーティペアが使うとシャレにならない)、アバランチミサイルなどなど読んでて燃える大興奮の展開で非常に面白かったですね。まあ、その分ダーティペアシリーズのお約束的な展開が少なめなのはご愛嬌と言う所かもしれませんがね。

ダーティペアの大復活 「ダーティペアの大復活

 高千穂 遥

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。