たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今月は普通に忙しかったので、読書スピードも更新頻度も落ちましたね。そんな忙しさの中で何時のまにやらこのブログも3年目に突入していました。本当に何時の間にやらという感じなので感動もヘッタクレもありませんが、これからもどうぞヨロシクお願いします。
2007年3月の僕のベスト5
第1位 「ダーティペアの大復活」 高千穂 遥著 (僕の感想
第2位 「図書館危機」 有川 浩著 (僕の感想
第3位 「砂の狩人」 大沢 在昌著 (僕の感想
第4位 「かんじき飛脚」 山本 一力著 (僕の感想
第5位 「太陽がイッパイいっぱい」 三羽 省吾著 (僕の感想

今月に関して言えば、すいませんが多少なりともいるかもしれない僕の評価を本選びの参考の一部にしている人たちにほぼ参考にならないですね。何故ならライトな所から多少ディープな所に足を踏み入れかけたロボオタの僕の心に「ダーティペアの大復活」が直撃してしまい、「ダーティペアの大復活」がダントツのトップでしたからね。まあ「ダーティペアの大復活」を抜いた順位に関して言えば、いつもどおりなので参考にしてもらってもいいかもしれませんがね。

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。