たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近の作家はジャンルを問わずに書く人がちょくちょくいますが、恩田 陸さんもそうだったんですね。ノスタルジーの魔術師なんて聞いていたからそのような本ばかり書いているのだと思ってました。
 と言うことで、今回は 「ドミノ」 恩田 陸著 です。
 内容は、それぞれの目的を持った27人と1匹が交差する一瞬、ドミノが次々と倒れていくように事件が起きていき、最終的に1つのゴールにたどり着くパニック・コメディ。
 この作品面白かったが、「ドミノ」という題名はどうなんだろう?ドミノのように連鎖していくのではなく、多くの川が最終的に海に辿り着くようにさまざまな事象が最終的に一つの事件に収束していく。それと解説を読むと27人と1匹がちゃんと描かれているように書かれているが、僕は全員がちゃんと描かれているようには思えませんでした。
 しかし、そういうマイナス点もすこしあるが、読んでいるときはそんな事まったく気にならず非常に面白く読めました。

ドミノ 「ドミノ

 恩田 陸

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)

に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。