たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「虚貌」 雫井 脩介著 です。この本僕の中では今の所雫井作品の中ではナンバー1です。
 あらすじは、21年前運送会社を経営する一家が襲われた。社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負う。その後犯人グループが逮捕されて事件は終わったと思われていたが、21年後犯人グループの主犯と思われていた男が出所してから新たな惨劇の幕が上がる。21年前の犯人達が次々と惨殺されていったのだ。はたして犯人はいったい誰なのか?老刑事は必死の捜査をしていき…。
 この本は本当に面白くて一気に読み終えてしまいました。解説で福井晴敏さんがこの本のトリックは一部で批判を浴びたと書いている。たしかにそういう面があるかもしれないが、少なくとも僕はまったく気にならなかったですね。それよりもこの解説を読んで僕はあれ(『チャラララー、チャーララー…』)も伏線だったんだと、雫井脩介さんの芸の細かさに感心しましたね。

虚貌 「虚貌

 雫井 脩介

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。