たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「QRD百人一首の呪」は当時読んでいたミステリー漫画と同じ題名だったから目に付いて、また京極 夏彦が好きだから副題にも魅かれて、たまにやる題名買い(題名だけ見て買う事)をしてしまった本でした。
 しかし、読んでみると歴史ミステリーと現実の事件をリンクさせたミステリー本で、たしかに歴史ミステリーと現実の事件の関係の曖昧さがあるものの、歴史ミステリー好きとしては非常に面白かったです。
 また、この作品に書かれていたメフィスト賞受賞作という言葉によって、メフィスト賞受賞作に関心を持つようになった僕個人としては非常に思い出深い作品です。

QED 百人一首の呪 「QED 百人一首の呪

 高田 崇史

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。