たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 最近は伊坂幸太郎さん話題になる事が多いですし、実際「アヒルと鴨のコインロッカー」は面白かったので、他の作品も読んでみたいなと思っていて手に入ったのが 「オーデュボンの祈り」 伊坂 幸太郎著 です。これは新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伊坂幸太郎さんのデビュー作ですね。
 あらすじは、コンビニ強盗に失敗して逃走していた主人公は気づくと見知らぬ島にいた。そこは奇妙な人々と、そして未来が見えて話すことができる案山子がいる萩島だった。主人公が島に来た翌日バラバラにされて案山子が殺された。未来が見えるはずの案山子が何故殺されたのか?
 この作品は話す案山子が出てくるが、ファンタジーではなく解説にもあるがシュールで、そしてお洒落な感じを抱かせる作品ですね。読後の何とも言えない心地よさと合わせてこれが伊坂ワールドかと思わされました。

オーデュボンの祈り 「オーデュボンの祈り

 伊坂 幸太郎

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。