たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は 「絶叫城殺人事件」 有栖川 有栖著 です。火村英生のシリーズの長編を期待して手にしたのですが、短編集でしたね。国名シリーズ以外で短編集があるとは思ってもみませんでした。ちなみにこの本に収録されている短編は皆『○○(建物の名前)殺人事件』という形になっており、6編の短編が収録されています。
 そこで、とりあえず表題作『絶叫城殺人事件』の内容は、若い女性ばかり狙われる残酷な無差別殺人事件が発生。犯人は被害者の口の中に『NIGHT PROWLER』(夜、うろつく者)と記された紙片を押し込んでいた。そして警察の厳しい警戒の中新たな被害者が。はたして犯人は誰なのか?
 『絶叫城殺人事件』はミステリーの面白さもあるが、それ以上に作者が語るというか叫ぶ『心の闇』という言葉についての考察が良かったと思いました。それと最初に収録されてる『黒鳥亭殺人事件』の読後感が僕は良かったと思いましたね。そして、その他の作品もみなそれなりに面白かったですよ。
 ただ一つだけ気になったのが、全ての作品の題名に殺人事件とついているが、これを殺人事件と言っていいのかなよ思う作品が幾つかあったのが気になりましたね。それが作品に何らかの影響を与えると言う事はないのですがね。

絶叫城殺人事件 「絶叫城殺人事件

 有栖川 有栖

 5段階評価で4

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。