たりぃの読書三昧な日々

僕が読んだ本の感想などを、ネタバレしないように書いていこうかなと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日から新しい本を読みはじめたばかりだから、何を投稿しようかなと考えていたら、僕の見た範囲だと国内の小説に比べて海外の小説に関してのサイトはまだまだ少ない感じがしたので、僕が読んだ中で、大ベストセラーにはなってない海外の本もちょくちょく紹介していこうかなと思いました。
 そこで第一回は 「透明人間の告白」 H.F.セイント著 です。この本が刊行されたのはおよそ15年前です。
 透明人間いいですね。男なら一度は考えるだろう「透明人間になって女風呂を覗きたい」。でも実際なってみるといろいろ不自由があるらしい。
 そこで、この本の内容は、簡単に言えば透明人間の逃亡劇です。しかし、透明になってしまったことにより、透明人間初心者?の主人公はとんでもない窮地に立たされます。
 まず、衣食住の問題。透明になってしまった身体につける衣服は透明でなければならない。透明になってしまった身体に食べ物を取り込むとどうなってしまうのか?透明な身で誰の世話にもならず住む所があるのか? 秘密情報機関が、あらゆる手を使って執拗に追ってくるなか、主人公はこれらの問題を克服して逃亡します。
 でもそれは生半可なことじゃないんです。だって考えてみてください。道を歩くにしたって、相手はこっちを見ていないから人にぶつからないように気をつけなければならないし、車はびゅんびゅん突っ込んでくるし、雨の日は外には出れないんですから。
 現実問題として透明人間はどう行動するのか緊張感にあふれ、多少エロもあり、とても面白かったです。
 ちなみに透明人間を題材にした最近の映画といえば「インビジブル」がありますね。この本とはおもむきが違いますがあれはあれで面白いですね。

透明人間の告白 「透明人間の告白

 H.F.セイント

 5段階評価で5

 (僕の個人的評価です。)


に一票お願いしますm(_ _)m
スポンサーサイト


コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。